TOP > pickup > 免疫力アップは体温がカギ!身体が温まるポカポカ塩しょうがレシピ
ヘルスケア/health care

免疫力アップは体温がカギ!身体が温まるポカポカ塩しょうがレシピ

感染症対策にも、寒い時期の風邪対策にも、免疫力アップは大切です。免疫力を上げるためにはさまざまな方法がありますが、特に体温を上げることが免疫力アップに効果的なことがわかってきました。なぜ体温を上げることが免疫力アップにつながるのでしょうか。今回はその理由や体温を上げるための食材、しょうがを使ったポカポカレシピをご紹介します。

身体を温めると免疫力が上がる!?

体温が1℃下がると、免疫力が約30%、基礎代謝が約12%低下することが知られています。人間の身体は36.5〜37℃で最もよく働くようになっているため、36℃未満では活動が弱くなり、代謝も悪くなって頭痛や肩こりなどが起こりやすくなってしまうのです。

しかし、現代の日本人には体温が36℃未満で、手足の冷えなどの自覚がない「隠れ冷え性」の人が増えているとされています。

身体が冷えると手足がかじかんで動きがぎこちなくなりますが、身体が冷えると血中にある白血球の活動も鈍くなり、病原菌や老廃物を処理する力も低下します。体内酵素の働きが約50%低下し、さらに35〜35.5℃ではがん細胞が増えやすくなります。体温を上げることで、こうしたさまざまなデメリットを解消できるでしょう。

冷えにくい身体を作ろう


身体を温めるためには、食事が重要です。腹八分目にして食べすぎず、身体の中から温める食材を摂りましょう。南の暑い国で採れるものは身体を冷やし、北の寒い国で採れるものは身体を温める傾向がありますが、特に、しょうがは以下のような効果で身体を内側から温め、血流を良くしてくれる「温め食材の王様」とも言われています。

  • ショウガオール
  • 辛味成分で、血行を促進し、身体を温める。高い殺菌作用もある
  • ジンゲロール
  • 辛味成分で、血行・肝機能を促進し、抗酸化・発汗・保温などの作用を持つ
  • シネオール
  • 香り成分で、便秘改善・利尿促進・解毒・疲労回復などの作用がある
  • ジンゲロン
  • 辛味成分で、脂肪燃焼・基礎代謝アップ・血行促進などの作用がある

血行を促進して身体を温めるのは、特に「ショウガオール」や「ジンゲロール」です。ショウガオールは加熱すると効果が倍増する性質がありますが、100℃を超えると働きが失われますので、低温加熱すると良いでしょう。

外側から身体を温めるには?

身体の外側からもお腹と下半身を中心に温めると、身体の冷えを解消できます。身体を冷やさないためには、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • ・下腹部や腰、足の裏などに使い捨てカイロを貼る
  • ・スパッツを穿く
  • ・腹巻きや5本指ソックスを身につける
  • ・動脈が体表近くを走る足首、首、手首などを温める

筋肉をつけて代謝を上げたり、「プチ断食」などで身体の中から余分なものを出したりするのもおすすめです。

ポカポカ塩しょうがレシピで、身体の中から温まろう

身体を内側から温めてくれる「しょうが」を料理に取り入れるためのちょっとしたコツとして、塩と混ぜた「塩しょうが」という調味料にすると、ぐっと合わせやすくなります。最後に「塩しょうが」を使ったレシピをご紹介しましょう。

まずはこれ!「基本の塩しょうが」

まずは、基本の塩しょうがを作りましょう。

<材料>

  • ・しょうが 1個(約60g)
  • ・あら塩 5g
<作り方>

  • 1.しょうがは皮を剥いてすりおろす。保存容器か小皿に入れ、塩をかけて軽く混ぜ合わせる。
  • 2.電子レンジで約30秒加熱してできあがり。

基本の塩しょうがは、アレンジ次第で何にでも使えます。そのまま冷奴にのせたり焼いた厚揚げや餃子にのせたり、唐揚げなど肉料理の下味を付けるときにもおすすめです。

ちょい足しであっさり「塩しょうが肉じゃが」

いつもの肉じゃがにひと味足して、あっさり美味しく仕上げましょう。

<材料>(2人分)

  • ・豚薄切り肉(バラ肉でも可) 100g
  • ・じゃがいも 1~2個
  • ・たまねぎ 1/2個
  • ・にんじん 1/4本
  • ・絹さや 10枚
  • ☆基本の塩しょうが 小さじ1
  • ☆みりん 大さじ2
  • ☆白だし 大さじ1
  • ☆水 100ml
<作り方>

  • 1.じゃがいもは食べやすい大きさに切り、水にさらす。たまねぎは薄切り、にんじんはいちょう切りにする。絹さやはヘタを取り、軽く塩ゆでする。豚肉は食べやすい大きさに切る。
  • 2.鍋にじゃがいも、にんじん、たまねぎを入れ、上に豚肉を乗せる。☆を入れて蓋をして中火にかける。
  • 3.煮立ったら弱火にし、そのまま20分ほど煮る。(途中で一度フタを開け、野菜から水分が出ていれば豚肉をほぐして全体を軽く混ぜる ※煮崩れ防止のためあまり混ぜすぎない)
  • 4.ふたを取り、絹さやを入れて煮汁が少なくなるまで煮てできあがり。

いつもとはひと味違う、塩しょうがで作るあっさり肉じゃがです。しょうがの効果で体が温まるので、肌寒い日におすすめのメニューです。煮崩れ防止ににがりを少量加えても美味しいですよ。

ポカポカスイーツ「塩しょうがヨーグルト」

スイーツは身体を冷やすと思っていませんか?塩しょうがを使えば、身体の中から温まるポカポカスイーツが作れます。

<材料>

  • ・基本の塩しょうが 小さじ1
  • ・ヨーグルト(無糖) 100g
  • ・はちみつ お好みで
  • ・ミントの葉 お好みで
<作り方>

  • 1.ヨーグルトに塩しょうが、お好みではちみつを入れてよく混ぜ合わせる。
  • 2.ミントの葉を飾ってできあがり。

ヨーグルトの酸味とはちみつの甘味に、塩しょうがのピリッとした辛味とほんのり感じる塩味が良いアクセントになってすっきり食べられます。シリアルやグラノーラなどと一緒に食べるのもおすすめです。

まとめ

36℃未満の低体温が増えている現代の日本人は、免疫力が低下している人が多いと考えられます。免疫力アップのためには、身体に適した36.5〜37℃に体温を上げることが重要です。身体を内側から温める塩しょうがレシピで、体温と免疫力をアップさせましょう。

監修者プロフィール

野中香映
野中香映

「にがり普及委員会」でにがり・マグネシウムの健康情報を発信しています。グルメツアーで各地の塩やにがりを研究中。ライフワークは、「マグネシウム」というミネラルをカルシウムと同じくらいの知名度にすること。

関連タグ