TOP > ヘルスケア > 「美ウォーク」で美しい姿勢と歩き方をマスター!簡単メソッド【前編】
ヘルスケア/health care

「美ウォーク」で美しい姿勢と歩き方をマスター!簡単メソッド【前編】

最近、代謝が悪くて痩せにくく、下半身にお肉がついてきたという方や、猫背になって老けて見えてしまうと感じている方はいませんか。そんな方はぜひ、美しい姿勢を心がけましょう。美しい姿勢を保つために、ハードなトレーニングは全く必要ありません。全身を「緩める・伸ばす・整える」だけの簡単メソッドで、今すぐ始めてみましょう。

美しい姿勢がもたらす効果って?

年齢を重ねていくとだんだんと筋力が低下していくため、そのままにしていると十分な筋力量が保てず、健康な生活が送れなくなってしまいます。さらに、近年では仕事での長時間にわたるパソコン作業、休憩時間もずっとスマホ、などの影響で猫背になる人が増えていることも指摘されています。

猫背になると、例えば以下のようなデメリットがあります。

  • ・見た目が悪い
  • ・胸を圧迫して呼吸が浅くなり、身体に十分な酸素を取り入れられなくなる
  • ・頚椎の自然な湾曲がない「ストレートネック」を引き起こし、肩こり・頭痛・頚椎ヘルニアなどの原因に
  • ・筋肉を使わないので、脂肪が溜まりやすくなる

全身の神経は脳からスタートしますが、全身へ巡る途中で必ず頚椎を通ります。そのため、頚椎にダメージが加わると神経を圧迫したり、脳への血行が悪くなったりして様々な不調を引き起こすこともあるのです。

では、猫背や筋力維持のために難しい運動をしなければならないのかというと、そうではありません。普段から正しい姿勢を意識するだけで、体幹部や腰回りの筋肉の強化につながります。

  • ・見た目が良くなる
  • ・身体に十分な酸素を取り入れられる
  • ・インナーマッスルが鍛えられ、筋肉の衰えを予防できる

今回、deepureスタッフは「目指すは大女優 大地真央さん!」という奥澤喜子先生に美しい姿勢と歩き方を教えて頂きました。

前編では、まず美しい座り方とストレッチのやり方をご紹介します。

「美しい座り方とストレッチ」を実践しよう!

実際に、美しい座り方とストレッチの方法を見ていきましょう。誰でも簡単に行えますので、ぜひ今日から実践してみてください。

【実践編①】美しい座り方

まずは、美しい姿勢で椅子に座りましょう。ポイントは椅子に軽く腰かけて、骨盤を立てて座るということです。猫背にならないように手の指を組んで頭の上に持ち上げ、手を放してストンっと落とし、胸を開きましょう。

【実践編②】首のリンパを流そう

次に、首のリンパを流します。

腹式呼吸で息を吸いながら、右耳の上を左手で抑えます。ゆっくり息を吐きながら首を左に倒したら、左右を逆にしてもう一度行いましょう。その後、首をグルグル回します。

【実践編③】肩甲骨を開いて代謝アップ!

次に、肩甲骨を開いて血流を促進し、代謝アップで痩せやすい身体にしていきます。

肩に手を当て、ヒジを前に持ってきたら、耳の横を通って後ろに回します。逆回転も行いましょう。この時点で、上半身はポカポカしてくるはずです。

【実践編④】股関節を柔らかく保とう

股関節を柔らかく保つことでボディーラインを美しく維持し、むくみや冷え性を予防できます。

まず脚を組んで大きく息を吸い、ゆっくり吐きながら胸を組んだ脚に合わせ、1・2・3秒、と数えましょう。そして、息を吐ききったらまた大きく息を吸い、ゆっくり吐きながら腕を床に伸ばします。反対の脚も同様に行いましょう。

【実践編⑤】お尻歩きで骨盤周りをほぐす

次はお尻歩きです。

脚は床から浮かせ、椅子の上を前後にお尻歩きすると、骨盤周りがほぐれていきます。

【実践編⑥】体幹を鍛えよう

最後に、ヒジ・ヒザを交互にくっつけて体幹を鍛えます。ゆっくり自分のペースで、交互に10回くらい行いましょう。

この後、足首を片方ずつ浮かしながらグルグル回すと、足の先まで身体を柔らかく保つことができます。

「美しい座り方とストレッチ」のまとめ

ここまでのレッスンで、deepureスタッフは普段の座り方と意識が変わってきました。

美しい姿勢で座ることと座ったままのストレッチは、ハードな筋トレとは違い、パソコン仕事の合間でもできる軽い負荷のエクササイズでした。肩甲骨と骨盤周りをほぐして緩やかに鍛えることで、美しい姿勢に整えることができました。

まとめ

「美しい座り方とストレッチ」は、姿勢を正してインナーマッスルを鍛えられるほか、ストレッチで簡単に気持ちよく筋肉のコリをほぐしたり、血流を良くしたりできます。仕事の合間にもできますので、ぜひやってみてくださいね。次回、「美しい立ち方・歩き方」に続きます。

監修者プロフィール

奥澤喜子
奥澤喜子

医療関係の仕事に従事。美しく健康で長生きしたい、と考えるようになったとき、日本美姿勢協会設立者 鄭由美さんに出会い「美を意識すると健康になれる」という言葉に感銘を受け、平成26年5月 JBA認定美姿勢インストラクターの資格取得。
「美しくありたい」「輝いて生きたい」そんな女性を応援し、共にしあわせになりたい、という強い想いで現在活躍中。

関連タグ